ムコダイン気管支炎

喘息や気管支炎になるとムコダインを飲んでいます。

風邪で咳が止まらないときや、痰が出て息苦しい事がよくありますよね。

 

わたしの場合は、喘息の持病を持っているので、風邪をひいてしまうと喘息に発展してしまうことがあります。

 

最近は、急に喘息になってしまう、急性気管支炎などもはやってますが、喘息や気管支炎になると息苦しくて寝ることもできず呼吸困難になってしまい、ものすごく苦しいです。

 

そんな時、私の場合はムコダインと言う錠剤を飲んでます。

 

今では当たり前のように、どこのお医者さんでもムコダインは処方してくれます。

 

このムコダインが気管支を拡げてくれたり、ムコダインの中の成分が痰などをサラサラにしてくれて出しやすくしてくれます。

 

私の場合は、喘息が出たときや、風邪で苦しいときは、すぐにムコダインを飲むようにしています。

 

ムコダインを服用から効くまでに3時間から4時間くらい掛かるので、喘息が出そうなときは、症状がびどくなる前に服用しています。

 

一日3回の服用になっていまて、食間などにムコダインを服用するようにしてます。

 

最近では、錠剤だけでなくシロップなどもあり、子供も服用しやすくなってるんだと思います。

 

ムコダインの効果時間は、人にもよりますが約4時間から8時間になります。

 

ムコダインを飲み始めから効果がすぐに出ない人もいるので、服用を止めてしまう人もいるそうです。

 

私もそうでしたが、お医者さんから、服用を継続するうちに、効果が出るので、喘息の症状が治るまでは飲んで下さいと言われてから継続して飲むようになりました。

 

確かに、言われた通りで、よく効くまでには多少、時間が掛かりましたが、今では、必ずストックを持ってます。

 

この、ムコダインは、副作用が非常に少ないらしく、100人に一人くらいの割合で、軽い頭痛や食欲不振などの症状が出るそうですが、症状が軽い為、お医者さんも進めているみたいです。

 

今では、私も手放せなくなりましたが、ムコダインは、よく効く優秀な薬です。

 

(住所 埼玉県東松山市 ハンドルネーム(ヒゲ猿)さん)