しつこい痰の薬

風邪のしつこい痰に効果的なムコダイン

以前にしつこい風邪をひいたことがありました。

 

風邪の症状としては咳が止まらないのと、しつこい痰がなかなか抜けないことでした。

 

あまりのつらさで薬局で売っている市販の痰の薬を購入して飲んでみることにしました。

 

薬を飲んでから数日が経ってもなかなか痰の症状が改善されないこともあり、またのどのあたりが咳のしすぎで痛くなってきたので一度、病院に行ってみることにしました。

 

病院に行ってから診察を受けるとやはり、なかなかでない痰を無理やりに出そうとしたことによる気管の炎症でした。

 

そのためすぐに抗生物質と痰を出しやすくする薬のムコダインが処方されました。

 

帰宅してからすぐにムコダインと抗生物質を服用して寝ると、市販の薬に比べると痰の出がよくなり咳をすると簡単に痰が出るようになってきました。

 

市販の去痰薬を使用していた時は、吐き気の副作用が出ており今回の薬でも出るかなと心配でしたが、ムコダインを服用した後も特に体調に変わったところもなく心配していた副作用の影響はありませんでした。

 

ある日、薬を飲み忘れてしまいそのまま過ごしていると、ムコダインなしではなかなか痰が出てこなくて、せきこんで無理に出すとすることが何度ありました。

 

そのたびに気管が痛くなり、時々ではありますが血みたいなのが混じっていることがありました。

 

血みたいなのが混じった痰が出た際に再度病院を受診したところ「抗生物質は飲まなくてもいいのですが、ムコダインは飲んでください。」といわれました。

 

ムコダインには粘膜を保護する作用と、痰を出しやすくする作用があるため広範囲の症状をカバーできるそうです。

 

それから毎日欠かすことなくムコダインを飲み続け、痰も収まり症状は回復しました。

 

今でも風邪をひいた時には、すぐにムコダインを飲んで自己治療をするようにしています。

 

(北海道 ぺんぺんさん)