鼻づまり 薬 ムコダイン

赤ちゃんの鼻づまりに処方されたムコダイン

ムコダインというと子供が赤ちゃんの時に鼻づまりで一番初めに処方された薬かもしれません。

 

白い粉タイプでよくヨーグルトや吸ったリンゴに混ぜて飲ませます。

 

特に強いにおいや苦みはないので何に混ぜても問題ない感じです。

 

子供に鼻水が出たり、咳が出ると必ずムコダインを処方されます。

 

医師からは「痰切りの薬を出しておくね」と言われます。

 

子供は大人のように痰をうまくきることができないので、鼻水が咳が出たときに少しでも楽になるようにこの去痰剤(ムコダイン)が処方されるようです。

 

そうして咳や鼻水がもっとひどい時は併せて他の薬も処方されます。

 

したがって病院に行って処方されたのがムコダインだけの時はそんなにひどくない風邪なんだなあと思えます。

 

ひどい時は鼻詰まりを改善する薬や咳止めを処方されます。

 

こちらはそれなりの効果は感じられますが、ムコダインはあまり効果を感じることはできません。

 

元々風邪がひどくない時ですし、痰がどのくらい切れるようになるのか本人でもないので親として飲ませていて実感はわかりません。

 

小さい子供にも処方できる薬なんだから、効果も弱いのだろうなあという感覚です。

 

しかし、ムコダインを処方されると、子供の鼻水は咳に少しでも効果があるのならと思って、必ずきちんと飲ませます。

 

この冬も子供が鼻水、咳が出て病院にいく度に毎回ムコダインを処方されます。

 

子供が3歳ぐらいになってからムコサールというものも一緒に処方されるようになりました。

 

しかしそれもムコダインと同じ効能のようです。

 

下の息子が最近3歳になり、ムコダインにムコサールが追加されるようになったのですが、ムコサールは別に3歳からというわけでもないようです。

 

ムコダインとムコサール、違いはよくわかりませんが、冬が来ると子供が1週間以上は飲み続ける良く処方される薬です。

 

(大阪府 チャダインさん)